よく使われる英語慣用句を覚えよう

初心者へ贈る英会話勉強方法

英語の慣用句、決まり文句を英会話に生かそう

日常的な表現などで、日本語が英語に訳される時、英語学習の初心者や初級者はおろか、中級者や上級者であっても、なかなか思い付かないような訳になることがよくあります。

その原因は、文法はもちろん、言葉の成り立ちなどが全く違うからであって、それは当たり前と言えば当たり前のことなのです。

したがって、当然に逐一的な英訳では、全く通じないということもよくあることです。

また、同じ意味を表現するのにも、全く違う言葉を使うことはよくあることです。

例えば、日本語の「のるかそるか」という言葉は、「一か八か」と言ってもほぼ同じ意味になります。

英語でも同じ意味を表現する時に、違った言い方をする場合がよくありますが、それらには感情的な違いが含まれていることもあります。

ネイティブであっても、日常的な場面でれば、あまり難しい表現ばかりを使うことはないでしょうが、日本人にはわかりにくい俗語なども頻繁に使っています。

ネイティブ同士でなければ、相手の英語力を踏まえて、できるだけ分かり易い表現を使ってくれることもありますが、ネイティブが皆そうだと考えるのは禁物です。

イザという時のためにも、英会話に役立つ英語慣用句表現を身に付けておきましょう。

ここでは、特に簡単で使い易いイディオム(慣用句)やスラング、決まり文句等を紹介していきます。

さらに、それに付随した表現なども併せて記載していますので、参考にしてみて下さい。

英語慣用句表現集

down to the wire
期限や時間などがギリギリであることを表す英語慣用句

second wind
元気ややる気など取り戻す、といった状況を表現する慣用句

up and running
元気で動き回るとか、うまくいっている、といった状況を表現する慣用句

inside out
裏表に、あべこべに、徹底的に

meet the eye
見える、目に映る、見た目以上、見掛け倒し

half the battle
やっている物事が完全ではないが、「終わったも同然だ」というような状況で使える慣用表現

too rich for one's blood
自分にとって「贅沢であったり、荷が重すぎる」といったような場合に使える英語慣用句

have one's name on it
~にピッタリである、~の好みに合った

that's about it
それぐらいです、そんな感じです、それが限度です

behind closed doors
秘密裏に、無観客で

wharchamacalit
何と呼んで良いのか分からない物などを指す言葉

for crying out loud
頼むから、お願いだから、そんな馬鹿な、何てことだ

eat one's words
発言を取り消す、誤りを認める

it serves someone right
バチが当たる、自業自得

stand on one's head
何でもする、楽にできる

do the trick
うまくいく、功を奏する、効き目がある

with a capital
まさに~、全くの~、正真正銘の~

sure enough
案の定、思った通り

been there
行ったことがある、そういう事ってあるね、もういいよ

just like that
いきなり、簡単に、平気で

heads up
注意喚起をする時の英語慣用句

good call
賛同する時の英語慣用句

good job
人を誉める時の英語表現

you bet
もちろん、いいとも、どういたしまして・・・など

this is it
いよいよだ、これがそうだ、もう十分だ、これが最後だ・・・など

can't shake
自分では避けたり、止めたりできないものを表現する慣用句

do the math
考えれば分かる、計算すれば分かる

big deal
それはすごい、大したことじゃない

in the way
邪魔になって、~の方法で、~の点で

and so on
~など、~とか 同種の物を並べた後に使う表現

will do
やっておきます、役に立つ、十分である

that's that
それだけのこと、それで決まり、以上

Not to be
言いにくい話などをする前に会話を和らげるための表現

worlds away
まるで違う、天と地の差、うわの空

talk about
まさに~とはこのことだ 強調的に使われる会話表現

not a chance
絶対無理、いやだ、などの可能性がない時に使われる英会話表現

you name it
何もかも、何でも言ってね

same here
私もです、こちらも同じです、という同意を表す英会話表現

safe and sound
無事に、安全に(な)

on a ~ kick
物事に凝っている、夢中であると言う時の英会話表現

dude
挨拶や呼びかけ、喜怒哀楽表現などに使える英語表現

not really
あまり~ではない、実は~ではない

make sure
確実にする、必ず~するようにする

none of your business
ちょっとぶっきらぼうな英語表現

all the way
はるばる(わざわざ)、完全に、最後まで

no wonder
当たり前だというような気持ちを伝える時の英語表現

all in all
やっぱり、全体的に、全部で

on earth
驚きや怒りなどを強調する時の英語表現

take the cake
一番になる、最高だ、最低だ

freak out
ビビる、怖じ気づく

to death
死ぬほど、死ぬまで

thank you
thank you の色々な場面での使い方

a dog person
~好きの、~派の、~型の

that's a deal
契約、取引などがうまく言った時などの慣用表現

What's up?
挨拶をする時の表現集

(be) up for
~する気がある、~したい、~に賛成の

(be) up to
~次第で、たくらんで、

blessing in disguise
blessing を使った色々な慣用表現

as such
such を使った色々な慣用表現

a lot
よく、たくさん、ずっと

no use
無駄、役に立たない

It pays to
~しても損はない、~してもよい

that is
言葉を補足する時の表現

that said
逆の話をする時などに使う表現法

see to it
取り計らう、面倒を見る

that counts
大事なのは~だ、~が重要だ

out of line
やり過ぎ、調和しない

hold true
事実である、当てはまる

easy on
手加減、甘い、優しい

not half
強い感じで気持ちや相づちなどを表す場合に使われる表現

near thing
かろうじて災いを逃れる時の表現

nuts and bolts
基本・要点・仕組み

there you go
相手の意見や話に答える表現

on one's own
ひとりで、自力で、勝手に

make it
うまくいく、間に合う

What brings
なぜ、どういうこと

Greek to someone
さっぱり分からない、チンプンカン

of all things
よりによって、こともあろうに

kind of
どちらかと言うと、多少、なんだか

be here to
~するためにここにいる、~のためにここに来ている

can't help
仕方がない、~せずにはいられない

As if
まさか、有り得ない、知ったことじゃない

could use
(~があると)ありがたい、助かる、

just as well
~なのは幸運だ、~したほうがよい

so much for
~はそこまでで終わり、~はもはやそれまで

very well
承知しました、結構だよ

no time for/to
~している場合(時)ではない

have a thing
好き、嫌いなどの気持ちを表現する

コンテンツ

ページのトップへ戻る