dude の意味と使い方を覚えよう

英会話勉強法

挨拶や呼びかけ、喜怒哀楽を表す英語表現

dude という単語は、初心者の方には聞き慣れないものかも知れません。

でも、これもよく日常会話で使われている言葉の一つです。

基本的には「男の人」を表す単語ですが、挨拶や喜怒哀楽を表す受け答えの言葉としても使います。

古くは「気取り屋」や「めかし屋」といったようにオシャレなかっこうをした人を指して使われていたこともあるようです。

それでは、例文で使い方を見ながら覚えていきましょう。

例文で確認しましょう

特に男性への呼びかけとして使うことがあります。

A: Hey dude, How're you doing?
やあ、元気かい?

B: Hi, I'm doing great. I climbed Mt. Fuji yesterday.
やあ元気だよ。昨日、富士山に登ったんだ。

女性に対しては使いませんが、この場合は特にそういう意味には訳すことはありません。

guy も本来男性を表す言葉ではありますが、Hey guys と複数形にすることで、男女の区別なく呼びかけに使ったりします。


次は、はっきりと man の代わりに使っている例です。

A: Isn't that dude Mary's brother?
あの人ってメアリーのお兄さんじゃない。

B: Yeah, I guess so. He looks a lot like her.
そうかもね、彼女とよく似ているしね。

※ look like ~に似ている



次は相手の言葉に対して称賛の言葉を返しています。

A: You know, Jessica's just strated working for NASA.
ジェシカはNASAに就職したんだよ。

B: Dude, she was so intelligent.
すごいね、彼女はすごく頭が良かったからね。

「就職する」は get/find a job などの言い方もできます。


次の例文では、相手の言葉に対して同情するような意味で使っています。

A: My dad was fired again.
僕のお父さんはまた首になったんだよ。

B: Dude, I think he he's a good man, though.
あやまあ、お父さんは良い人なんだけどね。


悔しさとか残念な気持ちを表す時にも使います。

A: Oh dude, I couldn't tell her my true feelings.
あ~あ、彼女に僕の本当の気持ちを言えなかったよ。

B: Well, it seems like she likes another guy.
え~、彼女は別の男性が好きみたいだよ。

コンテンツ

ページのトップへ戻る