no wonder の意味と使い方を覚えよう

初心者へ贈る英会話勉強方法

感嘆すべきこと、驚くべきこと、などと言いたい時の英語フレーズ

wonder は、名詞で「感嘆すべきこと、驚くべきこと、不思議なこと」というような意味があります。

そこで no wonder とすると、「驚くような事ではない」ということから「当たり前、当然」などの意味で、会話上で頻繁に使われている英語表現の1つです。

単独でも使われますが、後ろに that などを伴って、それ以降の言葉が「~は当然だ」のようになります。

それでは、例文で使い方を見ながら覚えていきましょう。

例文で確認しましょう

A: Tsuyoshi speaks English very fluently, doesn't he?
剛志はとても流暢に英語を話すわよね。

B: No wonder. He was born and raised in Canada.
当たり前だよ。あいつはカナダで生まれ育ったんだから。

「それはそうだよ、当然だね、決まってるよ」などいろいろな日本語訳ができますね。

※ fluently ペラペラ、流暢に

A: And his father is the president of a big company.
それに彼の父親は大会社の社長なんだよ。

B: So it's no wonder that he has that luxury car.
だったら、彼があんな高級車に乗っていても不思議じゃないね。

会話では It is や this is などは省略して言うことが多いかも知れませんが、この形で使えることを覚えておきましょう。

※ luxury 高級な、豪華な




A: His daughter is very good at singing.
彼の娘は歌がすごく得意なんだよ。

B: There is no wonder when she will become a professional singer-songwriter.
いつプロのシンガーソングライターになってもおかしくないね。

意味は同じですが、there is が先頭に来る場合もあります。

また wonder の後ろには why, when, what などの疑問詞を使うことも可能です。


似たような表現に no doubt という語句があり、これも日本語で「当たり前、当然」などと訳せることもあります。

A: You didn't steal the woman's handbag, did you?
お前はその女性のハンドバッグを盗んでないんだな。

B: No doubt about it. I was sleeping in my room at that time.
当たり前ですよ。僕はその時間は部屋で寝ていたんですよ。

doubt は「疑う、疑い」という意味があるので、この場合は「それについては疑いがない」といった意味合いで使われています。

コンテンツ

ページのトップへ戻る