do the math の意味と使い方を覚えよう

英会話勉強法

結論や結果が明らかなことを伝える英語表現

do the math の math は mathematics の略で、「数学、計算」などの意味があります。

したがって、直訳的に「 計算をしろ」 という意味にもなります。

そういう部分から、「(計算すれば)少し考えればわかる」、「言わなくてもわかるだろう」というようなニュアンスで使われる慣用表現です。



話の前後関係やその時の状況などから、結果・結論などが明らかであることを言いたい時に使います。

それでは、例文で使い方を見ながら覚えていきましょう。

例文で確認しましょう

A: Does Nancy really love her husband?
ナンシーは本当に自分の夫のことを愛しているの。

B: Do the math. She married for money.
考えればわかるよ。彼女は財産目当てだったんだよ。

この場合は、夫婦の見た目や生活の状況などから、「それはわかるだろう」と言っているわけです。

marry for money は、財産目当て(お金のために結婚する)という意味の慣用表現です。


A: I wonder how much does he earn a year.
彼は年間いくら稼いでいるのかしら。

B: He changes his car ever year. But I can't do the math.
毎年車を乗り換えているよね。でもそれはわからないな。

この場合は I don't know の方が普通かも知れませんが、「それは計算できない」という意味をかぶせて使っています。


◆ you を付けて表現することもありますが、意味は同じです。

A: Honey, I want a BMW.
ねえねえ,BMW が欲しいんだよ。

B:Hey, think about your salary. You do the maths!
あのさ~、自分の給料のこと考えたら。分かるでしょ!

自分の給料とBMWという車の値段を比べれば、一目瞭然で買えないということが明らかだということです。

また math は、イギリス英語では maths と s を付けます。


◆ if 文にして使うこともよくあります。

A: The opponent is really buff.
対戦相手はすごい筋肉ムキムキだぞ。

B: Yeah, if you do the math, the difference in power is crystal-clear.
そうだな、ちょっと考えればわかるよ。力の差は歴然としているな。

buff は、筋肉がムキムキ(バキバキ)という感じを表現する単語です。

crystal-clear はっきりとした(クリスタルのようにクリアな)

コンテンツ

ページのトップへ戻る