(be) up for の意味と使い方を覚えよう

初心者に贈る英会話勉強方法

「~に乗り気がある、~したい」などの意味を持つ英語表現

be up for として be動詞に続けることで、いくつかの違った意味になります。

up for はどちらも前置詞で、一般動詞の後に続くこともありますが、たくさんあるので、ここでは be up for が表現できる意味以外のものは省略しています。

それでは、この表現を使ったいくつかの例文を見ながら、使用法を覚えていきましょう。

例文で確認しましょう

A: Are you up for Japnaese sake?
日本酒はどうですかね。

B: Oh, that'd be great.
ああ、それはいいよね。

この場合は、人に食べ物や飲み物などを進める言い方で how about ~ ?という表現と置き換えができます。

※ that'd は that would の短縮形で、柔らかく丁寧な感じが出せます。


A: Your team look so confident.
君のチームは自身にあふれているようだね。

B: They are up for the final game tonight.
彼らは今夜の決勝戦に向けて張り切っているんだよ。

この例文では、精神的に準備ができているという感じです。

※ team は一つのまとまりと考えれば単数形となり、その中の個人個人が対象となれば複数形扱いにもできる単語です。




be up for には「~の容疑で訴えられる」というような意味もあります。

A: What did the woman do?
その女性は何をしたの。

B: She is up for embezzlement of her company's money.
会社のお金を着服した容疑で訴えられているんだよ。

※ embezzlement 着服


さらに「~の候補である、~立候補している」という意味でも使われます。

A: Is that carzy man really up for this mayoral election?
あの頭のおかしい人間が、本当に今度の市長選に立候補しているのかい。

B: We are suprised to know that. He was recalled five years ago.
みんなそれを知って驚いているんだよ。彼は5年前にリコールされているからね。

この意味では be動詞に代えて go up for という言い方もできます。


be up for は「~する気がある」というような意味で feel up for で表現できることもあります。

A: Let' play this PlayStaion game!
このプレイステイションゲームをしようよ。

B: Sorry, I don't feel up for doing such a thing at all now.
ごめん、今はそんなのする気が全くないんだ。

for は前置詞なのでこの後に動詞が続く場合は例文のように ing形になることを覚えておきましょう。

コンテンツ

ページのトップへ戻る