that's someone for you の意味と使い方を覚えよう

英会話勉強法

当然となる人の行動や物事の状況を表す英語慣用句

that's someone for you は、「それは(人)にとって普通のことだ」というような意味を表すことがあります。

someone の部分は something になることもあります。

つまり「人」が「物事」になることもあるということで、皮肉を込めて言うことがよくあります。

その意味としては、良い事やその逆に悪い事などの応答の言葉としても使います。

それが誰であろうが何であろうが、最後の部分はいつも you になります。

それでは会話文の中で詳しく見ていきましょう。

例文で確認しましょう

A: He said an unnecessary thing to his client again.
あいつはまたお客さんに余計な事を言ったんだよ。

B: Oh, that's Steevens for you.
ああ、スティーブンスらしいね。

この例文では、よくない事に対して皮肉交じりで言っている状況ですが、人の行為や物事の状況が普通であることなどを伝えるための使われるます。


A: The government is asking us to refrain from unnecessary and non-urgent outings again.
政府はまた不要不急の外出を呼びかけているよね。

B: Yep, that's pleasure for you. My parents do want to go on a trip abroad.
そうだね。実に楽しいことだよ。両親は海外旅行に行きたがっているんだ。

この場合の「楽しいこと」とは、もちろん皮肉であって、「嫌な事」の裏返しになっているわけですね。

ところで urgent は「緊急の」という意味ですが、non-urgent が無くとも理解されるので、「不要不急の外出」は non-essential outings など他にも色々な言い方ができます。


◆that's を there's にして表現することもあります。

A: I don't know her real feelings to me. I wonder if she really loves me.
彼女の僕に対する本当の気持ちが分からないんだ。彼女は本当に僕のことを愛しているのかな。

B: Haha, there's women for you. I think she wants you to say you love her.
はは、それが女ってものさ。君に愛してるって言って欲しいんだよ。

women は woman の複数形ですが、there's と単数表現になるのが普通です。

文法的には間違っていても慣用句なのでこの形のまま覚えておきましょう。

コンテンツ

ページのトップへ戻る