talk about の意味と使い方を覚えよう

英会話勉強法

をする時などに使う英語表現

talk about は、普通だと「~について話をする」という意味になります。

しかし、何かがすごく強調されるような特別な状況や経験の中で、「まさに~とはこのことだ」といった意味で、イフォーマルな慣用表現としてよく使われます。

それでは、例文で使い方を見ながら覚えていきましょう。。

例文で確認しましょう

A: It's very hot and humid today.
今日はすごく暑くてムシムシしているよね。

B:Yep, talk about summer!
そうだね、まさに夏とはこのことだよ。

このように talk about の直後には名詞がきます。


A: Hello, hi. Tut, talk about being ignored!
こんにちは、やあ、チェッ、無視されてるし。

B:Oh sorry, I didn't notice you were here.
ああ、ごめん、そこにいたんだ。

「無視されているし」という訳も「これが無視というものだよね」という日本語の言い換えです。

したがって、その場の状況次第で「無視かよ~」とすることも可能ですね。

being ignored は、be動詞 +動詞の過去分詞で受動態の形になっています。
ここでbe動詞が being になるのは about のすぐ後ろにきているからです。

後ろにくる語句としては名詞の役目をする名詞句になれば、大体何とでも言えます。


talk about は「~のうわさをする」という訳が付くこともあります。

A:Hey, what are you guys doing here?
ねえ、みんなここで何をしてるんだい。

B:Oh, speak of the devil! We were talking about you.
おや、噂をすれば影だね。君のうわさ(話)をしていたんだよ。

もちろん「君の話をしていた。」と訳すことが多いかも知れませんが、上記のように訳されることもあるので覚えておきましょう。

speak of the devil は「うわさをすれば影」ということわざです。

speak は talk になることもあります。

コンテンツ

ページのトップへ戻る