behind closed doors の意味と使い方

英会話勉強法

そんなところだ、というような意味を表す英語表現

that's about it は、直訳で日本語にしても意味がよく分からない表現です。

これはあまり単独で使われるものではなく、他の言葉の後や、リアクション的に使われる表現です。

例えば「それくらいだ、そんな程度だ、そんな感じだ」のような訳になります。

それでは、例文を通して使い方を見ていきましょう。

例文で確認

A: I wonder why she didn't tell you about the story.
どうして彼女はその話をあなたにしなかったのかしら。

B: Well, maybe she didn't want to. That's about it.
ああ、たぶん言いたくなかっただよ。それだけのことさ。


過去形にしても使えます。

A: It seems like they knew everything.
彼らは全て知っていたみたいだね。

B: Yeah, that was about it.
うん、そんな感じだったね。


疑問文にして使ってみましょう。

A:Thank you for coming today. See you tomorrow.
今日は来てくれてありがとう。じゃあ明日ね。

B: Hey, is that about it? Why don't we go drinking from now?
おい、それだけかい。これから飲みに行こうじゃないか。


A: I've heard that your elder sister closed his shop. Were there few customers?
お姉さんはお店を閉めたらしいね。あまりお客さんがいなかったのかい。

B: No, that's not about it. She just had something else to do.
いいや、そういうことじゃないよ。他にやりたい事があったんだよ。


これと同じような使い方ができる that's that という慣用句もあります。

コンテンツ

ページのトップへ戻る