good job の意味と使い方

初心者へ贈る英会話勉強方法

人を誉める時などに使う英語慣用表現

good job は「よくやった」「よく頑張ったね」などの意味で、人の行為や結果、努力などを誉めるような時に使える英語慣用句です。

単独で使うことの多い表現ですが、一つの文章として出てくることもあります。

それでは、実際にどいういった場面で使われるのかを、以下の例文を参考にしてみて下さい。

例文で確認しよう

A: Good job, Everyone.
よくやったぞ、みんな!

B: Yeah, we could beat the team at last.
ああ、やっとあのチームに勝つことができたね。

これは、何かを成し遂げたり、良い仕事をした時などによく使われる一番典型的な使い方ですね。


◆動詞を do にすると1つの文にすることもできます。

A: Oh, I culdn't make it again.
またうまくいかなかったわ。

B: But I think you're doing a good job.
でも君はうまくやっていると思うよ。


◆ good の代わりに great, wonderful などを使うとバリエーションが増えます。

A: You did a great job! Thank you so much.
君は実によくやってくれたよ。ありがとう。

B: Not at all. It's a piece of cake.
どういたしまして。朝飯前だよ。

過去形なので do が did になっています。

a piece of cake「朝飯前」も一緒に覚えよう。


◆ do の代わりに make も使えます。

A: The firefighters made a good job of rescuing those victims.
消防士たちは被害者たちを助けるのにいい仕事をしたね。

B: Yeah, the earthquake was so big, but many people were saved.
そうだね、この地震はすごく大きかったけど、多くの人が救われたよ。

例文にあるように good job の後ろは of や at, to などの単語で繋ぐこともあります。

コンテンツ

ページのトップへ戻る