been there の意味と使い方

初心者に贈る英会話勉強方法

行ったことがある、あるある、もういい、などの意味を表す英語慣用句

been there は元々、 I have been there. を省略したもので、「そこへ行ったことがある」や「その経験がある」などの意味で使われます。

また、been there, done that ということもあります。

しかしながら、この表現には「もういいよ」など、まったく違った意味で使われることもよくあります。

いくつかの違った意味があるため、話の前後関係が大切になります。

それでは会話文の中で、使い方を覚えていきましょう。

例文で確認しましょう

A: Been there?
そこに行ったことがあるの?

B: Of course, several times. I like hot springs very much.
もちろん、何度もね。温泉が大好きだから。

この場合の been there は Have you been there? の略で、最後を上げて発音します。


◆「よくある」「そういう事ってあるよね」などの意味で使われることもよくあります。

A: When I'm about to drink hot coffee, a phone rings.
熱いコーヒーを飲もうとすると電話がなるんだよね。

B: Ugh, been there.
ああ、あるある。

この例文では、誰でも経験するような、よくあることに賛同するような言い方となります。この場合は最後を下げて言います。

I've been there. と省略せずに言うこともできます。


◆相手の話に興味がなく、少しうんざりした感じで答えることもできます。

A: Hey, Jack is a nice guy. Why don't you meet him once?
ねえ、ジャックは良い子よ。一度会ってみない。

B: Huh, ''I've been there. I don't want to go out with anyone now.
フン、いいわよ、もうそんなの。今は誰とも付き合いたくないの。

この場合は、以前にも同じような紹介があって、もううんざりしているといった感じです。


◆一番上の例文以外は been there, done that と言うこともできます。

A: You look bored. Do you want to play this online game?
退屈そうだね。このオンラインゲームでもしない。

B: No, been there, done that.
いや、いいよ、興味ないよ。

実際に経験のない事でも、興味のないものに使えます。

done that は I have done that. の略で、もともとは「それをやったことがある。」というような意味ですね。

この表現はぶっきらぼうに聞こえることもあるので、相手や状況を選んで使うようにしましょう。

been there, done that, got the T-shirt と、最後に「そのTシャツも持っている」という言葉を付けることもあります。

コンテンツ

ページのトップへ戻る