with a capital の意味と使い方

初心者英会話勉強法

まさに~そのものだ、などと強く強調をする英語表現

with a capital は、その前にある単語の頭文字を大文字にし、この語句の後ろに付けて、「まさに~そのもの」のような感じの意味で使われるイディオムです。

例えば big with a capital B などのようになります。

capital には「大文字」という意味があるので、このような使い方がされます。

日本語の訳はいろいろなものにできると思いますので、日本語にする時には、想像豊に訳を付けてみましょう。

それでは、例文の中で他の表現と共に覚えましょう。

例文で確認

A: Stephen rarely comes to work on time.
スティーブンはめったに時間通りに出勤することはないよね。

B: Ah, I think he's lazy with a capital L.
ああ、あいつは全くだらけていると思うよ。

lazy を強調する要領で wth a capital の後ろにその頭文字を大文字の L にします。


強調したい語句が2つ以上ある場合でも、次のように表現することができます。

A: Sounds like you are crazy about the woman.
どうも君はあの女性に首ったけみたいだね。

B: Yeah, she's amagingly gorgeus with a capital A, and capital G.
ああ、そうだよ。彼女はもう完全にすごく素敵なんだよね。

このように、amagingly と gorgeous のそれぞれの最初の頭文字を取って大文字にすればOKです。


特に with a が無くても使えます。

A: Look, that small car is super fast!
見ろよ、あの小さい車超速いぜ。

B: Oh year! Capital S, capital F! I love it!
お~、こりゃすごいや~。いいね。

どんな訳でもいいので、とにかく強調できる言葉を使えば良いと思います。

さらに強調を強めたい時は with a double capital とdouble を付けて表現したりすることも可能です。

He's a genius with a double capital G.
あいつは本当に超が付くほどの天才だよ。

強調したい言葉は形容詞でも副詞でも名詞でも何でもOKです。

コンテンツ

ページのトップへ戻る