very well の意味と使い方を覚えよう

英会話勉強法
> > very well

相手の言葉に相槌を打つ時の英語表現

ver well だけでは、直訳で「とても上手に」みたいな意味でとってしまうかもしれませんね。

実は、この2語だけで、相槌の言葉として使われることがあります。

その相槌の意味としては「わかりました、承知いたしました」などのように、相手の意向を受け入れる形となります。

また「結構だ」と皮肉的に言い返すような時にも使います。

例文で確認しましょう

A: Can you give me a ride home, Neil?
ネイル、家まで送ってくれない。

B: Very well, but only this time.
かしこまりました~。でも今度だけだよ。

※ give someone a ride home 家まで車で送ってもらう

ちょっとおどけた訳にしてみましたが、これは Ok. や All right. などと同じような意味で使っているのです。


A: I will never lend you money again.
あなたには二度とお金は貸さないわ。

B: Huh, very well. I will ask John.
ああ、結構だよ。ジョンに頼むから。

この例文の場合は、皮肉的に「お前が貸してくれなくても、他の人に借りるから別にいいよ。」みたいな感じになります。


●いたって普通の挨拶において、次のように答えることもあるでしょう。

A:How are you today, Ronny?
ロニー、今日の調子はどうだい。

B: Yeah, very well, thank you.
ああ、快調だよ、ありがとう。

そのまま「とてもいいよ」といった意味ですね。


●ところで all very well と all を付けて表現する場合もあるのですが、これは、「良いのは良いのだが、十分ではない」といった感じで使われます。

A:I hear you went on a date with Lucy. Lucky you.
ルーシーとデートしたんだってね。いいよな~。

B:It was all very well, but she went home before dark.
いいのかどうか、暗くなる前に帰っちゃってさあ。


しかし Her family were all very well. となれば、普通は「彼女の家族はみんなお元気でしたよ。」のように、無事を説明する意味になるのが普通です。

上記の例題と併せて、前後の文脈等で意味を考える必要があるでしょう。

コンテンツ

ページのトップへ戻る