nuts and bolts 意味と使い方

英会話勉強法
> > nuts and bolts

物事の基本や要点などの意味を表現する

nuts and bolts の nut は「ナット」、bolt は「ボルト」ということで、家具や機械、さらに大きな建物や橋などの留め金として利用されているものですね。

つまり nut は bolt は物を組み立てる基本的な部品だということです。

もちろん、本来の意味で使われるのは当たり前なのですが、慣用句として上記の感じから「物事における(基本や要点)」といった意味で、日常会話やビジネス英語などにも非常によく出てくる表現の1つです。

この2つの単語はいつも複数形にして使います。

それでは、この語句を中心にその他の類似した表現の使い方も、例文等を使ってみていきましょう。

例文で確認

A: This new AI will contribute to a number of social issues.
この新しいAIがたくさんの社会問題に貢献してくれることでしょう。

B: Yeah, but would you give me the nuts and bolts of the system?
ええ、でもシステムの仕組みを教えて頂けないないでしょうか。


この例文における nuts and bolts の意味を「仕組み」と、ここで訳しました。

この仕組みは、もちろん「基本的な部分」ということにもなるので、これでも良いと思います。

AI は artificial intelligence の略で、人工知能というコンピュータプログラムの一種のことです。


A: Could you explain the nuts-and-bolts structure of a UFO?
UFOの基本的な構造を説明して頂けますか。

B: Well, that is ... quite difficult ... uh, you know ...
ええと、それはですね・・・かなり難しい・・・そのですね・・・。

この例文では、上記のような名詞としての使用ではなく、ハイフン付きの形容詞として「基本的な、根本的な」等の意味で使っています。

「基本」と言えば、一番簡単なところでは basic という単語があるので、これを使えば上記の例文を言い換えることができます。

ただ、それだと味気も何もないので、こういう表現もたまには使ってみましょう。

この慣用句に類似した語句が他にもいくつかありますので、それらもみていきましょう。



まずは meat and potatoes という慣用句です。

肉とジャガイモということで、肉じゃがみたいな感じですが、この2つが人にとって基本的な食べ物になっているというところから来ているようです。

A: Quite a few teachers don't seem to understand the meat and potatoes of bullying.
いじめの根本的なところを理解していない教師が多いようだ。

B: They think that their positions are the first priority.
自分たちの地位が最優先事項だと考えているんだよ。

※ priority 優先事項


次に nitty gritty という語句があります。

なにやらよく分からない単語が使われていますね。

発音はローマ字で書けば、ニティ・グリティのようになります。

これは nit and grits が元になっているとの説明もありました。

それにしてもよくわからない言葉なので、それそれの単語の意味を調べてみると nit は「シラミ、またはその卵」という意味でまず出てきました。

grits は「トウモロコシ」または grit で「砂粒」などの意味があるようです。

これでもさっぱり分からないので、さらに語源などを調べてみたところ、イギリスの奴隷貿易に由来があるとの記述がThe Phrase Finderにありました。

ただ、この語源においても不確かで分かり難いので、あまり深く入る必要もないようです。

英語には韻を踏んだ言葉で分かり難い言葉がたくさんあり、これもその一つだと思います。

A: The nitty-gritty of our argument is your salary, not your job!
論争の根本的な部分はあなたの給料であって、あなたの仕事じゃないの!

B: You so harsh.
手厳しいね。


単語自体は簡単とは言えませんが、口語ではよく聞くスラングなので、そのまま覚えておくと役に立つ時が来るかと思います。

コンテンツ

ページのトップへ戻る