just as well の意味と使い方を覚えよう

英会話勉強法
> > just as well

ちょうどよかったを英語の慣用句で表現する

just as well は、英単語だけを見てみると、いま一つ分かりにくい表現だと思います。

この慣用句は、予定や期待をしていない状況で、「ちょうど良かった、運が良かった」などの意味で使われます。

また、何かをしたりすることが、賢明であるような場合にも使われる表現です。

just as well を一つの単語として、上記のような意味や使い方として覚えておくと良いと思います。

全体的には it is just as well that となる時に it is や that が、省略されることがよくあります。

例文で確認しましょう

A: I hear that the company is on the brink of bukrupcy.
その会社は倒産寸前らしいよ。

B: It was just as well I didn't buy its stock.
そこの株を買わなくてよかった。

※ on the brink of ~に瀕している bukrupcy 倒産 stocks 株式(通例複数形)

A はこの場合 、(It is a) good thing (that) I didn't buy its stock. と言っても同じような意味になります。

会話では文法などというものは、いちいち気にされませんし、できるだけ短くして話すことがあったりするので、 Good thing から始めることがよくあります。

Good thing I've brought this big umbrella.
この大きな傘を持ってきて良かったよ。



A: Would it be just as well to go to see her soon?
すぐに彼女に会いに行ったほうがいいかなあ。

B: Of course, she's leaving for New York early tomorrow morning.
もちろんだよ、彼女は明日の朝早くニューヨークに発つんだよ。

この A の表現は Should I go to see her soon. などでも似た意味を表すことができます。

同じ表現を何度も繰り返したくないような場合は、こういう言い換えができるように練習しておくと良いでしょう。


★これと似たものに may/might (just) as well という表現があります。

We may as well take a short nap here.
ここで少し昼寝(仮眠)をしたほうがいいでしょう。

この場合、well の後ろは to を付けず、動詞の原形だけにします。


また、may が might になるのは、そこに仮定的な気持ちがより入る場合だと考えておけば良いでしょう。

You might as well think that a war could break out in the region at any moment.
「その地域ではいつ戦争が始まってもおかしくはないと考えておいても良いのではないでしょうか。」

※ at any moment 今すぐにでも

コンテンツ

ページのトップへ戻る