it pays toの意味と使い方を覚えよう

初心者へ贈る英会話勉強方法
> > it pays to

~しても損はない、~してもよい、などの意味を表す英語フレーズ

It pays to の pay は「お金を払う」という意味で一般的にはよく使われますね。

他には「得になる、割に合う」などの意味でも使われ、この表現はこれに
即したものになるでしょう。

to の後ろには動詞の原形を付けます。

それでは、例文で使い方を見ながら覚えていきましょう。。

例文で確認しましょう

A: Dad, are you saying that I should meet the guy tomorrow?
「お父さん、明日その人に会ったほうが良いって言ってるの。」

B: I think it pays to meet him as soon as possible.
「できるだけ早く会っても損はないと思うよ。」


もちろん未来形にしても使えます。

A: He may be a good guy, but not my type.
「彼は良い人かも知れないけど、私の好みじゃないの。」

B: It will pay to talk to him once.
「一度は話をしても損はないんじゃないかな。」


もちろん、これを否定文にすることもできます。

A: It doesn't pay to judge people from their appearance.
「人を外見で判断するのは良い結果にはならないよ。」

B: Sorry, I was wrong. I'll meet him.
「ごめんなさい、私が間違ってたわ。会ってみるわね。」

※ appearance 外見


上記で少し説明したように、pay だけを使っても次のように言うことができます。

A: I don't need to study English becase I'm in Japan.
僕は日本にいるんだから、英語を勉強する必要はないんだよ。

B: I believe that studying English will pay when you grow old.
「英語の勉強は大人なったら得することがあると思うよ。」


pay の後に「人」を入れて次のように言うこともできます。

A: It will pay you to buy this stock right now.
「今すぐこの株を買っても損はないよ。」

B: I refuse to believe you.
「絶対にお前の言うことは信用しない。」

※ stock 株

コンテンツ

ページのトップへ戻る