安くする 日常英会話例文集5

初心者に贈る英会話勉強方法

次の日本文を英文にしてみよう

これ高すぎますよ。もっと安くしてくれませんか。

レベル1

少しずつ難しくなってきたかも知れませんが、ひとまず思いつきそうな単語を上げてみましょう。

これ this  高い high, expensive  もっと more  安い cheap

英語の勉強を始めたばかりの方には、難しい単語もありますが、1からやり直しをしている方であれば、これらの単語は比較的すぐに思いついたのではないでしょうか。

まずはこれらの単語をそれなりに組み合わせてみましょう。

1.This is high. More cheap.

high はこのままでは、物の高さが「高い」の意味になってしまう恐れがあります。

ただし、会話の流れの中で、物の値段の事を言っていることが明らかであれば十分に通じるでしょう。

2.This is expensive. More cheap.

文法的に間違っているところがありますが、これなら伝わるでしょう。


レベル2

high を使うなら、主語を price に変えた方が良いかも知れません。

また cheap はこういった場合、基本的に more を付けて「もっと安く」というようには言いません。er をその後ろに付けて cheaper としましょう。

さらに、price だけでは何の値段かが分からないので、その前に the などを付けましょう。

また、たいていの場合は、please を付けた方が印象が良くなりますよ。

The price is high. cheaper, please.

これでよりうまく会話がつながり易くなるでしょう。



レベル3

レベル2の問題点は、まず、「高すぎる」の「すぎる」が英文に含まれていないことです。

これは too や very などの単語で十分でしょう。

さらに、問題なのは cheaper の使い方です。

この単語は、動詞の make と同時に使うことがよくあります。

The price is too high. Will you make it cheaper, please?

こらならまず言いたい事は伝わるでしょうが、まだ少し文法的には問題が残っています。

これらの英文のみでは、後文の it は、前文の The price を指していると取られる可能性があります。

これは文法的な理屈(解釈)ですから、会話ではあまり気にする必要はないでしょう。

先日もNHK world という番組をネットで見ていた時に、ネイティブっぽい女性が The price is cheaper. と言っていました。

直訳すると、「その値段はより安っぽい。」のようになります。しかし、彼女と会話をしていた他のネイティブたちは Yes,yes. と言ってうなずいていました。

文法的に厳しく言うならば、The price is lower. のように言わなければなりません。

しかし、お互いの会話は通じ合っているのですから、この場合は問題はないわけです。

さて、後半の英文の言い方も、もちろんこれだけではありません。

ディスカウント(discount) という言葉は日本語でもよく使われるので、この単語を使って次のように表現することもできます。

Will you give me a little discount, please?

また、前文の英文も変えると、次のようにも言えるでしょう。

This is too expensive.

このようにすると、主語が this で、「物」そのものを表すので、Will you make it cheaper, please? という言い方も、文法的にかなっていることになります。

さらに、discount を動詞として使えば次のようにも言えます。

Will you discount it a little more , please?

★この他にも、色々な言い方ができるので、応用問題でそのいくつかを確認してみましょう。

★応用練習問題

ここまでの説明も参考にしながら、次の日本文を英文にしてみよう。

●このソファー、あと1割まけてくれませんか。

解答例

コンテンツ

ページのトップへ戻る