やせる 日常英会話例文集32

初心者に贈る英会話勉強方法

英会話練習文32

私はずっとやせたいと思っていたのです。

レベル1

■ I was thinking want thin.

日本文は短めですが、初心者の方には少しややこしい例文かも知れませんね。

「やせる」という言葉も、この英単語の選択で良いでしょうか。これは25番の例文でも説明していますので、まだご覧になられていない方は確認してみて下さい。

また、「思っていた」という部分では、何とか I was thinking として、進行形らしき日本語に対応しているようですが、果たしてこれで良いでしょうか。

その後ろにある want という単語は、「~したい」という日本語になると考えている方が多いようです。これは「~したいと思う」などに訳すこともよくあるのです。

つまり、think と want が同時に使われている事が一つの問題です。

「思っている」と「考えている」というのは、日本語では同じ意味(ニュアンス)で使う場合もあります。

しかし、英語では think を使う場合、進行形に出来る場合と出来ない場合が、ある程度はっきりしています。



レベル2
この例文では think という単語を使う必要はありません。したがって動詞は want だけを使って表現してみましょう。

ところで want はその後ろに to +動詞の原形、というように続くことがあり、この例文でもそのようになります。

■ I was wanting to be thin.

さて、want の後ろが to be となっていますが、これは thin が動詞ではないのでそれを補うために、be動詞の原形が使われているのです。

文法が難しと思う方は、次のようにいろいろと置き換えて覚えていくと良いでしょう。

I want to go there.
「そこへ行きたい。」

I want to see it.
「それを見たい。」

I want to be free.
「自由になりたい。」

最後の例文だけが be になっているのも free が動詞ではないからですね。

ところでレベル2の英文ですが、I was wanting と進行形になっています。いくら「~したいと思っていた」と日本語が進行形らしきものになっていても、want を進行形にして使うことは、通常あまりありません。

この場合は want をただの過去形にすれば十分です。

それから to be thin の部分を手直しする必要もあります。

レベル3

「ずっと思っていた」は want を現在完了形にすれば出来上がりですが、文尾に「長い間」となる英文を入れれば、さらにその気持ちが強く伝えやすくなるでしょう。

そして、「やせる」は「体重を減らす」と訳し変えて lose weight とします。これは標準的な表現で、よく使われるので覚えておきましょう。

■ I have wanted to lose weight for a long time.

現在完了も中学で習う文法なので、その基本を理解している方も多いと思いますが、ここで簡単に説明します。

英語の形としては「have(has)+動詞の過去分詞」で、この例文で使われているように「ずっと~だ」という意味も表すことができるものです。

ところで「やせる」といいう言い方は get(become) thin として、thin を使っても表現することができます。

英語リンク


ページのトップへ戻る