日常英会話例文集27 年始年末

初心者に贈る英会話勉強方法

英会話練習文27

あなたの家族は、年末年始はどこかに行く予定ですか。

レベル1
この日本文で、最も英語にしにくいのは「年末年始」だったと思います。

これにはいくつかの書き方がありますが、とりあえず year end and new year という書き方でも良いでしょう。

■ Will your family go to where year end and new year?

また、初心者が最も誤りやすいのは「どこか」という言葉です。

ここでは where という単語になっているようですが、これは「どこ」と「どこか」という区別がうまくできていないのが原因です。

中学生にはこういう間違いをする生徒がよくいます。単に「どこ」に「か」が付いたのではなく、英語ではこれらは全く違う単語になります。

通常「どこか」と言えば、肯定文(こうていぶん)では somewhere、疑問文や否定文では anywhere が使われます。

肯定文とは疑問文や否定文ではない文のことです。

さて、相手に予定を聞いているので、ここでの正しい使い方になっているかどうかは別として、未来を表す will を文頭に持ってくるのは理解できる思います。

それから「あなたの家族」は your family で問題ありませんね。

全体的に、かなり訂正が必要な英文になっています。


レベル2
まず、レベル1で最も訂正したい箇所は where で、上記の説明通り somewhere か anywhere のどちらかにする必要があります。

そしてこれは疑問文ですから、通常は anywhere になりますね。

■ Will your family go to anywhere year end and new year?

これでかなり最初の日本文の意味に近づいてきましたが、もう少し訂正が必要です。

普通「~に行く」は go to となりますが、その後の単語が anywhere なので、to は不要になります。

それから year end and new year の前に、まだ書き入れなければならない語句があります。

例えば、日付や曜日の前には in や on, at などが必要な事がありますよね。

The popular TV pogram starts at seven on Sunday.
「その人気テレビ番組は日曜の7時に始まります。」

年末年始というのは、その数日間を指すことになるので、at を使うことができます。それから、年末年始の前には、通例 the を使います。

■ Will your family go anywhere at the year end and new year?

これで、最初の日本文の意味にかなり近づきました。



レベル3
未来の英文では will や be going to などを使うことを理解しておられる方も多いはずですので、その違いをここでしっかり意識して使えればなお良いと思います。

will は、これから起こり得る事に対する、その場での判断や意思を表示するような場合に使われます。

一方、be going to は、あらかじめ予定していた事や、これから直ぐにでもしようとしている事などを表す場合に使われ、will とは置き換えられない場合があります。

したがって、「行く予定ですか」と聞いているので、ここでは be going to の方が適していると言えるでしょう。

ただし、be going to go となる場合は go が重なるので省略して言う場合がよくあります。

Are your family going anywhere at the year end and new year holidays?

ここでは最後に holidays を付けました。ただの days としても良いでしょう。

また、主語が your family なので、最初の Are を Is にすることもできます。特にイギリス英語では My family are ... となることがよくあるようです。

さらに year end は year-end に、new year は New Year と書くこともありますが、会話では当然に違いは分かりませんね。

英語リンク


ページのトップへ戻る