増えている 日常英会話例文集20

初心者に贈る英会話勉強方法

~する人が増えている、という表現方法

スマートフォンを利用する人が増えているが、私のはまだ古い携帯電話だ。

レベル1
この日本文も2つの文からできているので、少し英文も長くなりますが、まずは、自分でどれくらいの単語をつなぎ合わせてみられましたか。

それでは、いつものように、日本語の順番に英単語を並べてみます。

スマートフォン smartphone  利用する use  人 person

増える increase  私の my  まだ still  古い old  携帯電話 cellphone

上記の単語がそのまま使えるかどうかは別として、とりあえずこれらを、ある程度順番に並べてみたいと思います。

まずは、「スマートフォンを利用する人が増えている」の主語は、「人」になりそうですが、その動詞は「増える」と「利用する」のどちらになるでしょうか。

ここが、いきなり難しい部分になりそうですが、面倒なので両方使ってみましょう。

Person use increase smartphone.

何となく、伝わりそうではありますが、これではかなり無理があるでしょう。

取りあえずこれは置いておいて、後半の英文を考えてみましょう。

My is still old cellphone.

間違ってはいますが、これで通じないこともないでしょう。

ところで cellphone は mobilephone でも構いませんし、それぞれハイフンを付けて cell-phone や mobile-phone などと書くこともあります。また、その他、いくつかの言い方がありますが、ここではこれくらいにしておきましょう。


レベル2
さて、前半の英文では動詞の選択に迷うところですが、主語においても手直しが必要です。

person は「人」という意味を持ちますが、ここでは「人が増えている」という事から、複数形の people を使うのが妥当で、それが「増えている」と言っているので、次にくる動詞は increase の方が良さそうです。

この場合、動詞の直後に動詞の原形が来るのは有り得ませんが、help (to) carry the bag のように help の後ろのto が省略されることはよくあります。

それでは、次のようにするとどうでしょうか。

People increase to use smartphone.

これでは「人々はスマートフォンを使うために増える。」のようになって、うまく通じそうにありません。

実は increase と use の2つの動詞を使うのなら、初心者には少し難しいですが、関係代名詞や分詞などを使う方法があります。

また、My is still old cellphone. も、主語が my だけになっているので、手直しをしましょう。



レベル3
ここでは、関係代名詞は主語である people のすぐ次にきます。したがって who または that を使うことになります。

そして、その関係代名詞は people の説明をするので、「スマートフォンを利用する」という語句が続きます。

そして、smartphone は数えられる単語なので、a を付けて単数にするか s を付けて複数形にしなければなりません。

People who use smartphones までが主部(主語)となります。

したがって、この後に、「増えている」という語句が続くことになり、これを日本語のように進行形にします。

People who use smartphones are increasing.

2つ目の英文の主語は my cellphone としても良いでしょう。そうすると後は「まだ古い」という言葉が残るので、これを is still old (one) とすることもできるでしょう。

これを but でつなぐと次のようになります。

People who use smartphones are increasing, but my cellphone is still old (one).

最後の one は cellphone の言い換えですね。

これをもっと簡単にしたのが分詞を活用した英文です。

People using smartphones are increasing, but my cellphone is still old (one).

後文の my cellphone を mine に替えても文法的には問題ありませんが、その場合、これは my smartphone と取られなくもないので、論理的な見方からすると、やはり my cellphone が妥当でしょう。

これを別の方法を使って表現すると、increase という、初心者には難しい単語を使う必要もなくなります。

More and more people are using smartphones.

more and more は「ますます」と言いうような意味で、これを使うと文章構造も少し簡単になりますね。

この反対は fewer and fewer で、その後ろには数えられる単語(名詞)、語句が続きます。

Fewer and fewer people go to the country year by year.
「その国に行く人が毎年どんどん少なくなっている。」

water や oil など、数えられない単語が続く場合は less and less が使われます。

The singer was getting less and less popular.
「その歌手はだんだんと人気がなくなっていった。」

この場合は popular という形容詞が使われています。

これらは、初心者の方には、まだまだ難しいかも知れませんので、うまく理解できそうになければ無理に覚えようとする必要はありません。

コンテンツ

ページのトップへ戻る