サッカー 日常英会話例文集15

初心者に贈る英会話勉強方法

英会話練習文15

今夜は7時からテレビでサッカーの試合があるよ。

レベル1
今夜 tonight  7時から from seven o'clock  テレビ TV
サッカーの試合 soccer game

まず思い浮かびそうな単語や語句はこのくらいでしょうか。

ところでサッカーという言葉はアメリカ英語から始まったもので、イギリスではフットボールと呼ぶのが一般的のようです。

しかし、アメリカでフットボールと言えば、もちろんアメリカンフットボール(アメフト)のことを意味するので気を付けましょう。

さて、これらをとりあえず並べてみましょう。

Tonight from seven o'clock soccer game TV.

なるほど、これなら何とか通じるでしょう。

まずはこの程度で構わないので、遠慮なく英語で話すことが大切です。

しかしながら、正しい英文にはなっていないので、少しずつ訂正していきましょう。

レベル2
英文には、主語と動詞が入っていなければなりませんね。

そこで、「サッカーの試合があるよ」と言っているので、soccer game を主語にすることもできます。

動詞は、「あるよ」を「始まるよ」に変えると分かりやすいですね。つまり start にするわけです。

あなたが今使える英語で言えるように、日本語を違う言い方で言えるようにする訓練も特に大切です。

Soccer game start from seven o'clock tonight TV.

これでかなり良くなりましたが、文法的にもまだまだ間違いが残っています。



レベル3
soccer は数えられませんが、この場合の game は数えられる名詞です。したがって、「サッカーの試合」が1つのかたまりになるので、文頭に a を付けます。

そうすると、主語が単数ということになりますから、start には s を付けなければなりませんね。

また、start from と言う人もいるようですが、このような時間の言い方では start at とした方が無難です。

それから「テレビで」となっているので、on TV となります。

A soccer game starts at seven o'clock tonight on TV.


ところで start at となるのは、次のような会話文にしてみると分かりやすいとか思います。

A: What time does the game start?

B: It starts at seven.

「何時に」と時間を言うときには、このように from ではなく at を使いますよね。

そして、Aの日本語訳を「その試合は何時から始まりますか。」としても、全く問題はないわけです。

逆にこれを英語にしようとすると、「から」となっているのを見て、まず from が思い浮かんでしまうのですね。

ただし、次のような英文ではfrom を使います。

The store is open from 7 to 11.
「その店は7時から11時まで開いているよ。」


「あるよ」という言葉は there is を使って表すこともできます。

There is a soccer game at seven tonight on TV.

特に会話では言いたい事を短くして言うことが多いので o'clock は省略されることもよくあるでしょう。

ところで soccer は、アメリカやカナダ、オーストラリアなどで使われ、イギリスでは普通 football と呼ばれています。

英語リンク


ページのトップへ戻る