英語通信講座の利用の仕方

初心者に贈る英会話勉強方法

英語通信講座教材の選択

ネットの発達で、語学学習の選択は無限大に広がっています。

通信講座を利用するといっても、一昔前までは、郵送やファックスを使うやり取りが主流でした。

どんな方に、そして、どんな時に通信講座が役立つのかという事を、そのメリットやデメリットの等の面も見ながらここでは考えてみます。

かしこい英語通信講座の選び方

通信講座のメリットは、何と言っても、わざわざ英会話学校に行くための時間や交通費を取られたりするといったことがないので、自分の自由な時間に学習に取り組むことができるという事ですね。

しかし、今やネットやメールなどを利用した通信講座もいろいろあって、一体どれを選べば良いのか迷うことも多々あります。

スカイプというインターネットを利用した通話ソフトを使って、英語圏にいる外国人講師などとも英会話練習ができるようになりました。設定された時間帯から、自分の都合に合わせて予約を取り、その時間内にマンツーマンで講師と会話ができるというものです。

ただし、英語圏といっても、そのネイティブ講師がアメリカ人やイギリス人だけでなく、オーストラリア人やカナダ人、また、シンガポール人やフィリピン人などの場合もあります。

フィリピンなどの英語講師との会話は、人件費が安いせいか、1レッスン当たりの費用は結構安いものがあります。

しかし、日本人の多くはアメリカやイギリスなどの国で使われている英語に興味がある方が多いのではないでしょうか。つまり、そういう先進国に行くことを目的として英語を学習する場合が多いのではないかということです。

フィリピン講師と英会話の練習をしていったとして、将来アメリカに行く予定のある人にとっては、基本的な英語を学ぶことはできても、その土地土地での表現が少しずつ異なる場合もあるので、違う国のネイティブから英語を学んだ表現の中に、確実に通じないものが出てくる可能性もあります。

それはそれで、その時に説明すれば済むことですから、大した問題にはならないでしょうし、かえって会話がより広がるかもしれませんね。

日本ではアメリカ英語を聞く機会が多いので、イギリスの英語が聞き取りにくいということも当然にあります。ハリウッド映画の影響は大きいですよね。

実際、私自身も日本で学んだ講師はほとんどアメリカ人でしたから、イギリスに行った時には彼らの発音にかなり戸惑いました。

文法においても、アメリカとイギリスでは異なる部分も結構たくさんあり、アメリカ留学を経験した人の話によると、イギリス英語の文法は厳しすぎるところがあるとも言っていました。

もともと、英語はイギリスがその発祥の地ですから、現地の英語学校でも結構シビアに対応しています。イギリス英語とアメリカ英語の違いはウィキペディアにもたくさんの記述があるので、参考にしてみると良いでしょう。

例えば、本来なら現在完了形で言わなければならないところを、アメリカ英語の場合は過去形で許される場合もあります。これは日常会話においてはかなり顕著に聞かれます。

他には have の使い方でも違いがあります。

「ペットを飼っていますか。」
Do you have a pet?(アメリカ英語)
Have you got a pet?(イギリス英語)

この場合には、イギリスでもアメリカ式の言い方は問題なく通じます。イギリス英語とアメリカ英語を選択できる教材にはロゼッタストーンがあります。

スカイプなどでも1回20分とか30分とかの制限時間があるので、何について話をするのか、何を聞きたいのか、どんな表現などを学びたいのかなど、前もって、しっかり準備をしてから利用することをお勧めします。

つまり、話したいことを書き出しておいて、常に手元には筆記道具をおいておくのです。

英語通信教材の選び方

英語通信講座は、主にパソコン等を使って、海外にいる英語教師と1対1で会話の練習をすることでしょう。

一方、英語通信教材は、テキストやDVDの付いた教材を購入し、月に何度か電話等でネイティブと会話ができたり、理解できないところは質問ができたりするといったものです。

しかし、講師との会話練習や質問などには、決められた期限がある場合が多いので、途中で怠けてしまったり仕事や他の事で学習が進まず、期限切れになることもあるでしょう。

このように、通信教材にはその期限があるのが普通です。中には学習期間が1年間くらいでも無料で質問期間を延ばせたりするものもあるようです。

学習期間に制限がある通信講座(教材)は、だらだらと学習をやり過ごしてしまわないようにするための、1つの選択肢です。

「昨日は頑張ったけれど、今日は全然やらなかった。」ということが続けば、何にしても大した進歩は期待できないでしょう。

毎日続けられる気持ちがあれば、まずは1ヶ月程度で終了する通信講座を選んでみるのも良いでしょう。ただ、決して無理をさせるような、自分のレベルに合っていない教材を選んでは駄目です。

そして、それによって継続できる自信が付けば、次は3ヶ月程度のものを挑戦してみるという方法もあります。

コンテンツ

ページのトップへ戻る