can't help 仕方がない、~せずにはいられない

英会話勉強法

英語で、~せざるを得ない、を表現する

can't help の後に動詞ing や、but などを付けることによって、「~せざるを得ない、つい~してしまう」などの意味で使える表現になります。

これを過去形で言う場合には can't を couldn't にします。

比較的よく使われる決まり文句の一つだと思います。

例文で確認

A: Hey, what's so funny?
ねえ、何がそんなにおかしいの。

B: Look at his fase. You can't help laughing, can you?
彼の顔を見てよ。笑っちゃうでしょ。

日本語の表現は豊かなので、映画の翻訳は別としても、どのように訳を付けるかはかなり自由度があると思います。

「笑っちゃうでしょ。」→「笑わずにはいられないでしょ。」となります。

そこで英語の場合にも、ここは You can't help but laugh, can you? と言えたりするわけです。

どちらも同じ意味なので、どちらを使うかは個人の自由ではあります。

「~せざるを得ない」という言い方に対応できる英語は、have no (other) choise but to, や there is no other way (but) to, など他にもあります。

A: That strong earthquake collapsed this bridge last month.
「先月のあの強い地震でこの橋は落ちたのね。」

B: So I think we have no other choice but to go straight this road.
「じゃあ、この道を真っ直ぐ行かざるを得ないよね。」



ところで、「仕方がない」という意味で It can't be helped. や I can't help it. などのフレーズを多用することがありますが、何でもかんでもこれで済ませることには問題があります。

次の例では、子供がおもちゃで遊んでいて忙しいから、今は片付けられない、というように言い訳をしている場面です。

A: Tomy, your room is a mess. Clear it up now.
「あなたの部屋は散らかってるわね。片付けなさい。」

B: I can't helped it. I'm playing with my Pikachu.
「しょうがないでしょ。僕のピカチュウと遊んでるんだから。」

ただ子供がわがままを言って、片付けたくないと言っているわけです。この場合の日本語のやり取りとしては普通でしょうけれど、英語的には問題があります。

この場合の I can't helped it. は単に No, I can't. とかだけになるのが普通でしょう。

小さな子どもだったら No, way.「いやだよ」みたいに言い返してくるかも知れません。

●次のような状況なら問題はないでしょう。

A: Why were you late for work this morning?
どうして今朝は仕事に遅れて来たんだい。

B: On the way here, I had a small traffic accident.
通勤の途中でね、ちょっとした事故にあったんだよ。

A: Oh, you couldn't help it.
じゃあ、仕方がなかったな。

この表現は、「好ましくない、悲痛で耐え難い、やりたくない事をやる、自分ではコントロール不可能な事」などに対して使われるのが普通です。

コンテンツ

ページのトップへ戻る