as if を使った口語表現のいろいろ

英会話勉強法
> > as if

まさか、構わない、などを英語で簡単に表現

as if という表現は「まるで~ようだ」などの意味で高校程度で習う仮定表現の一つです。

普通はこの前後に何らかの英文が付くことで完成するものです。

しかし、実際の会話では、この2語を使って「まさか、そんな馬鹿な」のように、(信じられないような事に対して)皮肉を込めて受け答えをすることがあります。

また別の語句が付くことで、決まり文句になっているものいくつかあります。

文章とは違って、口頭においては省略されて話されることが多いので、短めの言葉になって慣用句として多用されています。

例文で確認しましょう

● I feel as if I were seeing a real dinosaur.
まるで本物の恐竜を見ているようだ。

この英文では、文法通りに I were となっていますが、会話(口語)では I am と言う人が多いでしょう。


A: Hey, Tommy, is it Jack passed the bar exam?
おい、トミー、ジャックが司法試験に受かったって本当か。

B: As if! He's idiot.
まさか~!あいつはアホなんだぜ。

この場合の as if の意味は I don't believe that. とか That's impossible. のように、全く信用できない、当てにならない話しに対して使われています。


A: I hear Lisa's moving to another city next week.
リサは来月別の街に引っ越すんだって。

B:Well, as if I care. She's not my girlfriend.
え~っと、僕には関係ないよね。彼女じゃないし。

as if I care で「(俺の)知ったことじゃない」のような意味で使われます。

これは「まるで俺(私)が、リサが引越することを気にしているようだ」ということで、その反語の形をとっていっているわけです。


A: Why do you spend money as if there's no tomorrow?
なんでそんなにdンドンお金を使うの。

B: I have stomach cancer. I'm dying.
俺は胃がんなんだ。俺は死ぬんだよ。

as if there is/was no tomorrow は、直訳だと「まるで明日がないように」ということになりますが「お構いなしにずっと」のような意味で使われ、as if が like, is が was になることもあります。

コンテンツ

ページのトップへ戻る